引っ越しをするならインターネットの手続きが必要

ネットの環境を整える

男性

手続は早めに行おう

引っ越しが決まったら、荷物をまとめたり、業者を選んだりと何かと忙しくなりますが、電気やガス、水道などの契約や解約もきちんと行っておく必要があります。そしてインターネットも今や生活には欠かせないものとなっていますので、解約や新規加入の手続はきちんと行っておきましょう。引っ越し先でも現在利用しているプロバイダが使えるのであれば住所の移転登録などが必要となりますし、他のプロバイダに乗り換えるという場合は解約手続きを行っておきます。そしてモデムやルータなどをインターネットの回線業者からレンタルしている場合はそれを返却する必要があります。解約方法や機器の返却方法は業者ごとに違いがありますので事前にしっかりと確かめておきましょう。そして引っ越し先でも継続して利用したいのであれば、移転の手続を行っておきます。移転手続きはインターネットや電話で申し込むことができますので、こちらも早めに手続きを済ませておくことがおすすめです。インターネットは申し込んでもすぐに開通できるというわけではなく、やや時間も必要ですので、引っ越し先でもすぐに利用できるよう早めに申し込んでおくことがおすすめです。そして旧居ではいつまでインターネットが利用できるのかも確かめておきたいですし、新居での回線工事が必要になるのか、その際に立ち会う必要があるのかどうかも確認しておきたいところです。マンションなどの集合住宅ではすでにインターネットの環境が整っていることも多いですが、こちらも事前に管理会社などで利用方法を確かめておきましょう。

引っ越し

届出が必要です

引っ越しは物を動かすだけでなく、多くの手続きも必要です。役所では転出届けの他に年金や保険関係の手続きを行います。公共料金の住所変更はホームページからが便利です。引越し後は自動車関連の手続きがありますので、届出漏れがないようにチェックリストを作って下さい。

男の人

引越しの荷造り

引っ越しの準備では荷造りをすることが大切で、引っ越しをする一週間前には荷造りを始める必要があります。荷造りのポイントとしては部屋ごとに荷物を分け、更にグループごとに荷物を分ける事によって作業効率を高めます。

家族

様々なサービス

家族での引っ越しは、家族向けのサービスを実施している業者に依頼すれば、スムーズに進めることが可能となります。たとえば荷造りサービスや、生活に必要となる荷物のみを最初に運んでもらうといったサービスです。中には、大型家具の設置や、洗濯機などの家電の取り付けを行なう業者もいます。